福井の地酒【舞美人】醸造元美川酒造場。濃醇・旨口で熟成酒にも力を入れています。創業120有余年・醸すお酒の全量を「木ぶね」と「和釜」を使用し手造りしてます。
地元 福井県のブランド大使をしています。福井の旬な情報は、こちらへ!

クロネコwebコレクト 宅急便コレクト
宅急便コレクト お届け時カード払い

舞美人 新米女将の酒造りブログです。
ホーム純米大吟醸酒純米大吟醸720
商品詳細

純米大吟醸720

販売価格: 2,500円 (税別)
[在庫あり] クール便(冷蔵)代 (165円)が必要になります
数量:

 

 ●舞美人 H28BY 
         純米大吟醸 無濾過生原酒
 

舞美人・蔵元杜氏 美川欽哉

福井の地酒 舞美人醸造元【蔵元杜氏・美川欽哉】
    お勧めポイント
 


 念願の自社田山田錦で、純米大吟醸をお届けできるようになりました。久しぶりの高精米に緊張の造りとなりましたが、舞美人らしい酸味のある味わいになりました。ご自宅用にはもちろん、ご贈答用にもお勧めしたいお酒です。

 

 

「H28BY 純米大吟醸 無濾過生原酒」

 香り穏やかで、舞美人らしく酸味が楽しめる大吟醸酒になりました。食事と合わせても美味しく、燗酒にもお勧めです。


  自社田で収穫した山田錦で、精米歩合40%の贅沢な純米大吟醸酒が久しぶりに復活しました。

 最高の出来の酒米で、蔵元杜氏が渾身を込めて醸しました。 穏やかな香りと酸味の調和がとれた味わいです。木槽(きぶね)で搾った後、ほとんど手を加えず瓶詰めした無濾過生原酒です。


 生原酒です、冷蔵庫で保存の上開栓後はお早めにお飲みください。
 

 冷やして〜燗酒にと、毎日の晩酌にお楽しみいただきたいお酒です。

 

 

 原材料

 米(国産)・米麹(国産米) 

  自社田山田錦100%使用   

福井の地酒・舞美人 自社田山田錦 純米大吟醸 無濾過生原酒 
 精米歩合 40%     
 酸度 
 アルコール分         15度以上16度未満

 

 

 

 

●自社田での山田錦作り〜春〜

自社田山田錦 春

 

●輝くばかりの稲穂

 自社田山田錦85 稲

 

自社田山田錦 稲

●無事に感動の収穫。

自社田山田錦85 稲刈り

自社田山田錦85 稲刈り

 


  酒造りのほぼ毎日の様子を写真で綴っています。
「酒造り ほぼ毎日フォトギャラリー」はこちらへ。

 

 

 

 

●商品詳細

 

 原材料

 米(国産)・米麹(国産米) 

  自社田山田錦100%使用   

 
 精米歩合 40%          
 日本酒度 
 アルコール分         17度以上18度未満

 

 

 

 

●お客様の声
 

 

 
 

 

 

 

■□■□舞美人 こだわりの酒造り■□■□
 

 

福井の自然の恵み

美川酒造場 風景

 福井の地酒 舞美人のお酒のほとんどは、福井県産を使用しています。
米どころとして、豊かな土地で育った酒米と、お水を使用しています。
舞美人のお酒は、福井の土地と空気と水の恵から生まれています。ここでしか醸せない酒造りと、味にこだわっています。

  
  
  
和釜詳しくはコチラ 
舞美人 こだわりの道具 昭和23年に福井大震災があり、蔵のほとんどが崩壊しました。その後蔵の建て直して以来、この和釜で酒造りをしています。(釜の部分は何度か取り替えています)
 釜の下から火をおこし、お湯を沸かし酒米を蒸します。
 スチームで蒸す所が多い中、福井の地酒 舞美人では、酒米の蒸し具合いの良さを優先し、手間はかかりますがこの和釜を使用しています。釜のお湯を沸かすためにも、随分時間がかかります。ですが、1度沸いたお湯は、冬であってもなかなか冷めません。昔の蔵人は、このお湯を使ってお風呂に入った程です。現在では、このお湯を醸造用の洗浄に利用しています。
  
木槽(きぶね)搾り
詳しくはコチラ
 
舞美人 こどわりの道具 昔は、この木槽(きぶね)と呼ばれる搾り機を使用することが主流でしたが、現在では少なくなっており、大吟醸などの高級酒のみに使用しているところが多いようです。福井の地酒 舞美人では、普通酒から全てのお酒に使用しています。
 一枚一枚の粕袋に、もろみを入れ木槽の中に積み重ねていきます。この上から丸二日間ゆっくりと圧力をかけ、お酒を搾ります。大変な労力と手間と時間がかかりますが、もろみを搾りすぎない為雑味の少ない美味しいお酒が搾れます。木槽で搾った酒粕もふっくらとして絶品です。
  
  
蔵元杜氏 
舞美人 蔵元杜氏 福井の地酒 舞美人醸造元 美川酒造場の6代目蔵元であり、杜氏もしています。舞美人のお酒の全てを、責任をもって醸造しています。
 新潟杜氏のもと修行をし、酒造りを学びました。
 「味わいのある、毎日飲んで美味しいお酒」がモットーで、酒造りに喜びと楽しさを感じながら、理想の味を追求し日々努力しています。